サプリメント評価 健康法

もう悩まない!更年期の症状にエクオールサプリの効果。イライラ、めまい、眠気、吐き気

2017/09/04

エクオールの効果・評判

のぼせ・ほてり・発汗などのホットフラッシュや不眠、イライラ、憂鬱、肩こりなど、更年期の不快な症状にお困りではありませんか?

そんなあなたにぜひ知ってもらいたいのが次世代の成分として呼び声の高い「エクオール」。

これまでの更年期対策成分とは異なるアプローチで女性の健康と美しさを強力にバックアップ。

ここでは「エクオール」に特化した質の高い、ミドルエイジ女性のための更年期対策サプリメントをご紹介します。

アドバンストメディカルケア

 

更年期障害とは

「更年期」とは閉経を挟んだ前後約10年間のことを指します。一般的な閉経を50歳とすると45歳から55歳までを更年期と呼ばれています。

女性のカラダは健康をつかさどる女性ホルモン(エストロゲン)が30歳半ばをピークに徐々に減少し始めます。

40代を越えるとそのエストロゲンがさらに急激に減少。この突然の変化にカラダがついていけずに、脳とカラダが混乱してしまうのが「更年期障害」と呼ばれる不調です。

およそ6~8割の女性が何らかの症状を感じていて、そのうち4割の女性が仕事や生活に支障を感じているそうです。

このゆらぎの時期には個人差があって、ストレスや不規則な生活、食生活の乱れ、ライフステージの変化が原因となり、早い人なら40歳前後から発症することがあります。

最近ではサプリメントで更年期症状を緩和することができるようになりました。「更年期なんて誰にも言えない・・」と1人で悩まないでください。

正しい知識と早めの対処・予防法があれば大丈夫!この憂うつな”ゆらぎの時期”を快適に乗り切りましょう。

料理をするシニア女性

 

まずは更年期セルフチェック!

小さなことにもイライラしている

やる気が出ない、憂うつになる

息切れ、動悸がする

のぼせる、顔がほてる

暑くないのに汗をかく

病院で診察する女性頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気がする

手足や腰のあたりが冷える

疲れやすい

眠りが浅い、睡眠不足

 

あなたはいくつ、当てはまりましたか?

 

そもそも「エクオール」って何?

「エクオール」それは新しい更年期対策成分です。

TVや雑誌でよく見かけるようになった『エクオール』。みなさんはご存知ですか?

スーパーイソフラボンとも呼ばれていて、大豆イソフラボンから作られる注目成分なんです。

この成分が更年期障害やPMSに悩む女性の症状緩和にホルモン治療に匹敵するほどの効果が期待できると話題を集めています。

日本更年期医学会の調査でエクオールが持つ驚くべき効果が証明されたことがきっかけでした。

女性108人を対象に2日間の食事調査を行い、最終日に24時間蓄積した尿中の“エクオール”の量を測定し調べたところ、症状の重い方の尿は明らかに“エクオール”量が少なく、症状の軽い方はエクオールが多いという結果となったそうです。
( 出典:日本更年期医学会雑誌15:28-37,2007)

ということは、更年期障害にはイソフラボンを摂取できる大豆製品を食べるだけで効果があるということなのでしょうか?

 

イソフラボン=女性ホルモンではない

更年期症状やダイエットのために大豆イソフラボンを摂取している方も多いかと思います。

それは、「イソフラボンが女性ホルモンと同じ働きをするので更年期には豆乳を飲むと良い」という今までの常識があったからです。

しかし、最近の研究でイソフラボンそのものが女性ホルモンと同じ働きをするわけでないことがわかってきました。

そこで今、注目を集めているのがイソフラボンとは違い、女性ホルモンと同じ働きをする「エクオール」。

では、このエクオール。どうやって生み出されているのでしょうか。

エクオールは大豆イソフラボンに含まれる成分“ダイゼン”が腸内細菌(エクオール産生菌)を出会うことで生み出されています。この過程を経てようやく女性ホルモン(エストロゲン)と似た働きが期待できるのです。

疑問を感じている女性しかし、残念なことに、この変換はすべての人の腸内で行われているわけではありません。人によってはエクオールを生み出す腸内細菌(産生菌)持っていないため、いくら大豆食品を食べてもエクオールが作られていないのです。

あなたの腸内に住む細菌はエクオールをちゃんと作ってくれてるでしょうか。

 

エクオールの注目すべき5つの作用

更年期症状をやわらげる

のぼせ・ほてり・発汗といったホットフラッシュ、不眠、イライラ、憂鬱、肩こりなど、更年期障害の代表格の症状に効果を発揮。エクオールが不足した女性ホルモン(エストロゲン)をを補い、エストロゲン受容体に結合することで更年期の不調を緩和し心と体を健康的な状態へ導きます。

ここがポイント!
ホルモン療法にも匹敵!?更年期症状の緩和

 

生活習慣病のリスク低減やダイエット効果

女性ホルモン(エストロゲン)には、さまざまな生活習慣病を予防し、女性の健康や若さを保つ働きがあります。

しかし、40歳を過ぎた頃から卵巣機能の低下が始まり、これまで女性の健康を維持してきた女性ホルモンが加齢とともに減少することで、骨粗しょう症や、脂質異常症、動脈硬化など、老化による病気のリスクが一気に高まります。

エクオールには抗エストロゲン作用と呼ばれるエストロゲンのような働きがあり、閉経後も若い頃のような健康的で美しいカラダ作りをサポートしてくれます。もちろんダイエット効果も期待できます。

ここがポイント!
生活習慣病のリスク低減/LDLコレステロールの改善/骨密度への高い効果

 

女性の味方、美容効果にも注目

加齢に伴いこれまでエストロゲンがキープしてきた肌のうるおいが失われ、乾燥やシワ・たるみなどの肌悩みが多くなるミドルエイジ世代にうれしい効果が。

エクオールを摂取した人は「シワの面積が少なくなる」「シワの深さが浅くなる」などの臨床結果が報告されています。これは肌のコラーゲンの生成を肌正常な状態に近づけることができるからなんです。

さらにはカラダの酸化を防ぐ「抗酸化作用」により、シミの改善や美白を叶えることができます。

ここがポイント!
肌のシワ予防・改善/抗酸化作用による美白・シミの改善。お肌のうるおいと透明感取り戻し、美容効果も期待大。

 

乳がん予防

乳房にある乳管という器官は、女性ホルモン(エストロゲン)の影響をとても受けやすい器官で、乳がんの60~70%は、このエストロゲンの影響を受けて、分裂・増殖します。つまり、エストロゲンが乳がん細胞の中にあるエストロゲン受容体と結びつき、がん細胞の増殖のスイッチをONにしてしまうのです。

そこで、エクオールの特徴である「抗エストロゲン作用」がチカラを発揮。過剰なエストロゲンの働きを抑え、乳管などで起こる乳がんの危険性を低下させる効能が期待されているのです。

女性の12名に1人は乳がんを発症する病です。わたしの知り合いでも30代で乳がんと診断された人がいます。その人は治療で改善されましたが本人だけでなく家族や周りへの負担も相当なものでした。乳がんは早期発見と予防が大切です。

ここがポイント!
近年、乳がんの発症数は増加傾向。エクオールで乳がんのリスクを減らそう!

 

男性特有の悩みを改善

男性ホルモンが多く分泌されると、前立腺がんや頭部の脱毛が起こります。

エクオールはこの男性ホルモンの過剰な作用をブロックすることで前立腺がんなど男性特有の病気を予防したり、脱毛改善効果があると期待されています。

ここがポイント!
エクオールは女性だけじゃない。男性特有の症状や脱毛改善にも効果あり

 

エクオールを作れる人、作れない人

欧米人は20%、日本人では50%

エクオールは、食べ物で摂取したイソフラボンがある特別な腸内細菌(エクオール産生菌)の作用により腸内で発生します。作れる人と作れない人の違いはこの腸内細菌を持っているそうでないかという点なんです。

最近の研究で多くの人の腸内に、このエクオール産生菌がいないことがわかってきました。欧米に比べ、大豆食品を食事に多く取り入れている日本人はその割合が高いものの、産生菌を持つ割合は、

日本人では2人に1人・・・。
若年女性にいたっては、たったの4人に1人だけ・・。

もしあなたがエクオール産生菌を持っていない、もしくは活動が低下してエクオールを作れない一人だったら、どれだけ大豆イソフラボンを摂取してもエクオールに変換されず無駄になってしまう、ということを意味します。

270403また、エクオールを作れる人も手放しでは喜べません。

エクオールが体内に蓄積されるのは1~2日だけ。効果を期待するなら毎日大豆を食べなくてはいけません。納豆・豆腐・豆乳など、比較的毎日の食事に取り入れやすいとはいえ毎日食べるのは大変です。

さらに腸内環境の変化によって、これまでエクオールを作れていた人も、作れなくなってしまうこともも多いのだとか・・・。

 

なぜ若い人は作れないの?

日本人でも年齢が下がるにしたがってエクオールを産生できない人の割合が増加傾向にあり、10代20代では欧米人並みの低さになっているとの研究が報告されています。

詳しいことは未だ解明されていませんが、食生活の変化が原因のひとつと考えられています。ハンバーガーやステーキなど食の欧米化進み、日本の伝統食である、納豆や味噌やしょうゆなどの大豆食品を食べる機会が少なくなっているので当然の結果なのかもしれません。

この他にも、食べ物だけではなく日々のストレスや質の悪い睡眠が腸内細菌に悪影響を与える原因にもなります。毎日の体調管理でエクオールを作りやすいカラダを整えることが大切なんですね。

 

イソフラボンサプリメントで結果は出ましたか?

もしあなたが大豆製品やイソフラボンサプリメントでこれまで効果を実感できなかったとしたら、エクオールを作れない体質なのかもしれません。

残念なことにこの腸内細菌は子供の頃の食生活で決まってしまうそうです。今からこの産生菌を増やすことは難しいとされています。

「イソフラボンでは思ったほど改善しなかった・・。」

もし思い当たるなら、ひとりで悩まずにエクオールサプリメントをお試しください。

エクオールの効果は学会などでも発表され、実際に多くの方の更年期の悩みを緩和しています。

年齢のせいと諦めず、エクオールで楽しい毎日を過ごしませんか?

ラクトビオン酸

 

実際に服用している方の体験談・口コミ

なんだかずっとイライラしていたのが、いつの間にかなくなったようで、毎日楽しく過ごせるようになりました。職場でも綺麗になったと、周りの人に驚かれて。見た目年齢が大きく変わったみたいで嬉しく思っています。
(佐々木様・50代)

以前の不調が楽になってきたせいか、イライラも自分でコントロールできるようになりました。今まで体が暑く感じるというよりも、動いていても体が冷えたままでしたが、最近は動くと体が温かくなり嬉しいです。
(50代女性)

1ヶ月摂取して、以前より感情の起伏が安定したように思います。気力も前よりも出てきて、外出も面倒でなくなりました。
仕事のストレスにも以前より少し対処できるようになったと思います。
(40代女性)

服用して数日目より、少し気分が落ち着いた感じを受けました。少し多めに摂取してしまったため、現在は通常摂取量に戻しました。今後も服用を続けたいと思います。
(40代女性)

ラクトビオン酸も入っているとのことで、こちらのサプリを飲み始めました。今までは健康診断で数値が気になることが多かったのですが、このサプリのおかげかなと嬉しく思っています。ありがとうございます。
(60代女性)

肌のカサカサや髪のパサパサが改善し、肌ツヤがよくなってきたといわれます。ひどい肩こりが楽になって、体の代謝が上がってきた感じです。

1つ飲み終わったところです。ホットフラッシュが軽減されています。それから、よく眠れない、眠りが浅い、疲労感などが軽減されました。
(50代 女性)

元気に毎日を送るミセス

ほてり、ホットフラッシュ、疲労感、倦怠感、睡眠障害、動悸・息切れ、肩こりなどが改善されているようですね。

 

副作用はないの?

「使ってみたいけれど副作用が心配・・。ホントに大丈夫?」

エクオールは大豆抽出成分を使用した栄養補助食品なので基本的には副作用の心配はありません。

ただ、約1%の方に臨床実験で軽い副作用が確認されました。その症状は、おりものの増加、膨満感や胃腸症などの比較的軽いものです。

エクオールサプリメントで摂取する1日あたりの大豆イソフラボン相当量は25g。内閣府食品安全委員会で設定されている1日の大豆イソフラボン摂取上限は75gなので、過剰摂取による副作用は限りなく低いと考えられます。

先ほどの口コミも参考にしてくださいね。

 

エクオールサプリの特徴

エクオールの含有量 10mg(1日あたり)
1日あたりの含有量は日本で販売されているサプリメントの中ではトップクラス。
エクオール以外の成分 ラクトビオン酸が150mg
ラクトビオン酸は、オリゴ糖の一種で、更年期障害の緩和効果や骨粗しょう症の予防に効果があると言われています。ラクトビオンは摂取する人に関わらずエクオールの産生能力を促進し、ホルモンバランスを整え更年期に効果が期待できます。
1日あたりの値段 AMCのエクオール:5,832円(1日あたり194円)
原材料名 ビール酵母 / ラクトビオン酸含有乳糖発酵物 / 大豆胚芽抽出発酵物 / HPMC / カラメル色素 (原材料の一部に乳、大豆由来原料を含む)ラクトビオン酸
内容量 39.6g(440mg×90カプセル)

 

エクオールサプリなら更年期症状を緩和しながら、女性の健康と美容をサポートする成分を直接摂ることができます。

毎日をもっと明るく、もっと楽しく。エクオールのある生活をはじめませんか?

 

医師もすすめるエクオールサプリはこちら

矢印


 

a8

-サプリメント評価, 健康法